後期ノジマMVPは篠塚大登&鄭怡静が獲得


卓球王国


70

後期ノジマMVPは篠塚大登&鄭怡静が獲得

2月28日、Tリーグは、レギュラーシーズン表彰と同時に、『ノジマTリーグ 2022-2023シーズン』の後期(2022年12月~2023年2月開催の54試合対象)に最も活躍した選手『ノジマTリーグ 2022-2023シーズン後期 ノジマMVP賞』(男女各1名)を発表した。
今シーズンの後期ノジマMVP賞に輝いたのは、木下マイスター東京の篠塚大登(上写真左)と、トップおとめピンポンズ名古屋のチェン イーチン(鄭怡静/上写真右)。表彰は3月21日に行われる予定で、両選手には株式会社ノジマより空気清浄機が贈られる。
 
【後期ノジマMVP賞】
◆ 「ノジマTリーグ 2022-2023シーズン後期 ノジマMVP賞」 (男子)
木下マイスター東京 #49 篠塚 大登
〈選考理由〉
シングルス5勝(3敗)に加え、大島祐哉とペアを組んだダブルスでは6勝(1敗)をあげ、シーズン序盤に苦しんだチームの、逆転でのレギュラーシーズン1位に大きく貢献した。
 
◆ 「ノジマTリーグ 2022-2023シーズン後期 ノジマMVP賞」 (女子)
トップおとめピンポンズ名古屋 #30 チェン イーチン(鄭怡静)
〈選考理由〉
シングルスでのマッチ勝利数11勝はリーグトップ。勝敗を決するビクトリーマッチでも4戦3勝と、チーム初となるプレーオフ進出の大きな原動力となった。
 
■Tリーグ公式ホームページ 

提供:

 ナイス!(0
  コメント(0

 コメントを書く

コメントを入力するにはログインが必要です。

新着ニュース

Tリーグ 2022

ノジマTリーグ2022-2023
【レギュラーシーズン】
チケット発売中

Rebglo
T.LEAGUE 公式サイト