【インタビュー】篠塚大登選手「2年連続ファイナルで負けているので、今年こそは絶対に優勝したい」


スポニティ


656

Tリーグで活躍している木下マイスター東京所属の篠塚大登選手に今シーズンの目標やTリーグの見どころなどをうかがいました。
なかなか知ることができない、休日の過ごし方についても答えていただきました!



──昨シーズンの反省点や、それに対して現在取り組んでいることはありますか?

篠塚:昨シーズンの前半は負けが続いていましたが、後半で巻き返すことができ、リーグ戦を1位で突破してファイナルに出場できました。しかし、ファイナルでは3対2で負けました。僕は一番手としてダブルスで出場して、その試合に負けてしまったので、自分が勝っていればチームが優勝できたかと思うと、とても悔しいです。そこで、現在は打つときのフォームや細かい部分の改善に取り組んでいるので、それを試合で発揮できるようにしたいです。

──今シーズンの意気込みやチームの目標を教えてください。

篠塚:一昨年はT.T彩たまでファイナルに出場して負けて、去年は木下マイスターズ東京でファイナルに出場して負けてと、それぞれ別のチームではありますが、2年連続ファイナルで負けてしまい、優勝を逃しているので、今年こそは絶対に優勝したいです。

──木下マイスターズ東京の強みや試合の見どころはありますか?

篠塚:チームには若い選手もベテランの選手もいる中で、若い選手がベテランの選手にアドバイスをもらって成長していけるところは強みだと思います。自分も結構アドバイスをもらうことは多くて、大島祐哉選手とダブルスをさせていただいているのですが、色々なアドバイスをもらったおかげで成長できました。

──これから卓球を見始める方に向けて、卓球の魅力や篠塚選手自身の試合の見どころを教えてください。

篠塚:ボールの回転やボールを打つときのフォームのなどの細かいところを見てもらうことで、卓球の魅力が伝わると思います。あと、一度試合を見にきていただいて、そのあとに自身でも実際に卓球をやってみてほしいです。自分の試合の見どころは、自分は回り込みのドライブが得意なので、バックハンド側に回り込んで打球する技術を見てほしいです。

──篠塚選手がフォームを参考にした選手はいますか?

篠塚:張本智和選手です。張本選手はバックハンドが特筆している選手で、バックハンドの技術は世界でトップ3に入ってもおかしくないと思います。なので、張本選手のバックハンドのフォームを見ていただけると嬉しいです。

──休みの日にすることや趣味はありますか?

篠塚:高校2年生の頃からBLACKPINKというアーティストが好きで、いつかライブに行きたいと思って、最近初めてライブに行きました!ライブに行ったことで、もっとハマりました(笑)。またライブに行きたいです。

──これから卓球を見ようと思っている方へ向けて一言お願いします。

篠塚:試合を見るだけではなく、実際に卓球を体験してもらえると、試合を見たときにボールの回転や卓球のすごさが分かると思うので、自分でも一度卓球をやってみてほしいです!



篠塚大登(しのづか ひろと)
木下マイスター東京所属
愛知県出身 2003年12月23日生まれ
身長165cm 左シェークドライブ型

(構成:山田一希)

 ナイス!(0
  コメント(0

 コメントを書く

コメントを入力するにはログインが必要です。

新着ニュース